top of page
検索

1年のしつこい汚れ落としませんか??

こんにちは!!便利屋ウッドビレッジの木村です!


ここ数日はお問い合わせを多く頂きましてありがとうございます!

ホームページを見てご連絡してくださる方が多く、本当に感謝してます(;_;)

こういった職種なのでお客様あっての僕たちですし、お客様からの『夫婦でやってるの?頑張ってね!』という励ましの言葉に毎日活力を頂いております(^^♪


昨日は草抜きについてのブログを書きましたが、今日はハウスクリーニングについて書きたいと思います!!

主婦の方は毎日お掃除されているかと思いますが、年末ともなると普段手が行き届かない場所まで大掃除したくなるものですよね。

代表的なのが窓ガラスやサッシ、照明の傘、換気扇など普段はなかなか、、という方が多いかと思います。


埃はたくさん積んでるけど時間がなくて、、、や油汚れがひどすぎて換気扇の吸う力が弱くなった、、、?などなど!

ウッドビレッジではそんな皆様のお悩みに対応させて頂きたいと思います!

本日は油汚れについて詳しく書いていきたいと思います!


油汚れは、一般的には食事の調理中や工業プロセス中に発生しやすい汚れです。ここでは、家庭や仕事場での油汚れの取り扱いについていくつかの一般的な方法を紹介しますが、具体的なシチュエーションによって最適な方法が異なる可能性があります。

  1. 速攻の対処:

    • 油汚れができたら、できるだけ早く対処することが重要です。新しくできた汚れは比較的簡単に取り除けます。

  2. キッチンでの対処:

    • 油は通常、台所で発生することが多いです。食器用洗剤や重曹、ディッシュソープなどを使って、汚れた表面を洗浄します。スポンジやブラシを使用して、力を込めずに優しくこすると効果的です。

  3. 重曹やクレンザーの使用:

    • 重曹は油汚れの取り扱いに有効な自然素材です。水と混ぜてペースト状にして汚れた表面に塗り、しばらく放置した後、洗い流します。市販のクレンザーも効果的な場合があります。

  4. 脱脂剤やディッシュソープ:

    • 脱脂剤や強力なディッシュソープを使っても、油汚れを効果的に落とすことができます。これらの洗剤を使用する際には、適切な換気を確保し、使用法に従ってください。

  5. 蒸気クリーニング:

    • 油汚れが目立つ場合や、広範囲にわたる場合は、蒸気クリーナーを使用することも検討できます。蒸気は油を溶かし、比較的効果的にクリーニングできます。

  6. 専用の洗剤:

    • 油汚れに特化した洗剤も市販されています。これらの製品は、通常、油脂を効果的に分解する成分を含んでいます。

注意: 使用する洗剤やクリーナーについては、製品の指示に従ってください。特に、安全な換気を確保することや、手袋を着用することが重要です。

フォームの始まり

こういった方法を用いてもなかなか落ちない、、、そんな場合はウッドビレッジに1本お電話ください!

ご協力させて頂きます(^^♪




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page